新譜から更にいろいろ

「神秘的」の多重コーラスを聴いて「ドルフィン・ソング」を思い出した人は多いと思います。そもそも小沢のひとり多重唱ってソロ作品では今まで無かったのではないでしょうか。ぼくは小沢の声が「脇に回る」こと(といってもリードも小沢なのですが)に、フリ…

何年ぶりかの新譜について、いろいろ

エリック・ロメールのオールナイト上映を近所で観たあと、明け方家に着いてラジオをつけると小沢健二の新曲が流れてきました。すでに二日前に入手していた(詩人の友達にも買わせてしまった...)のですが、そのラジオが初聴だったらどれほど感動しただろう!と…

遠くからみちびいて

明け方にノエルさんはこの曲をかけました。DJも友達も飲みすぎたり疲れてたりして、グッタリしている4時ごろです。大阪から友達が来て、久しぶりに会話(メールは割としてます)をしました。とは言ってもクラブの中だったので、選曲のことを大声で、耳元で訊い…

Sweet & Good Memories

うまくいっていること、新しく出会った人、定期的に「会えている」人、「聴けている」音楽、それだけを考えて毎日過ごせればいいのですが、どうしてもそうはいかない時期というのがあります。 ぼくのTwitterは「Twilog」という機能で遡れるのですが、それを…

僕の歌

小学生のときから、「自分の歌を作ってみたい」とずっと思っていました。自分にしか作れない歌が必ずあるはずだと。そしてそれは聴いたり弾いたりすることでより鮮明になっていくのだと。 中学までの自分は親の影響下というプレッシャーが強く、部活も好きで…

思い出すなら

予定通りブログは今日で最後にしようと思います。ブログを書き続けて精神的にしんどくなってしまった、知り合いのコント作家もいます。毎週楽しみにしていた大宮エリーのラジオも、そういえば昨日終わってしまいました。 今日は実家に帰ってきています。実は…

Go West

詩人の友達とお茶した後で「山河ノスタルジア」を観てきました。彼からはずいぶん前に「とにかくPSBに掴まれる」と聞いていたのですが、観終わって、まんまとPSBを借りに行く羽目になりました。賛否あるようですが、個人的に今年一番の作品です。 ボー…

メソ

昨日一日でいつもの倍、100以上のアクセスがありました。そんなに多くの人に見てもらうような事は書いていないので申し訳ないです。ドラマチックな失恋や絶交の話でも書いたほうがいいでしょうか。 マルタン・メソニエがプロデュースしたアルバムを最近まと…

ピエロ

出張というか視察は、2018年のことを考えるための仕事の一環でした。どうしてそんな先のことを考えなければならないのでしょう。最悪死んでいるかもしれないのに。本社に戻るとキムタク似が「目にテープとんできたら身も蓋もない(?)っしょ。最悪死に至…

悪人

「悪人」を出会い系アプリを活用して帰ってきてから観るもんじゃないですね。「怒り」の前哨戦のようなつもりで借りてきたのですが。Twitterを定期的に見なくなって、ネタバレが皆無なのが何よりです。 樹木希林のコントさながらの「擬婆」っぷりに心底萎え…

笑い

寝る前にYoutubeで見ちゃうのはお笑い動画です。いまぼくはとにかくハリウッド・ザコシショウが大好きなんです。彼のモノマネは2兆個あるといいます。まだ10くらいしか見ていないのですが、全て見てみたい。 特にお気に入りは田村正和のモノマネです。決…

WMD

大阪のDJの友達がレコードプレイをユースト中継していて、さっきまで聞いていました。デルフォニックス、サム・クック、アレサ・フランクリンといった「ニューソウル以前」に混じってピチカート・ファイヴの「聖三角形」がチョイスされていて、ああこの感じ…

読書

小林秀雄賞を受賞した(全然知らなかった)エッセイ「月日の残像」で山田太一は、自身の抜き書きの趣味について書いています。抜き書きでも傍線でもいいのですが何らかのアクションをしながら進める読書というのは、やはりヨリ強く脳に焼きつくものなのでしょ…

パンピー

高校の時の友人に会ってきました。1度目の引っ越しを手伝ってもらって以来ですので、もう4年会ってなかったことになります。すっかり丸くなっていて、「太ったな」と言うと「痩せたな」と返されてしまいました。 誰でもそうだとは思いますが、かつての友人…

三代目

三代目J SOUL BROTHERSの携帯フォンの広告が目白駅にずっと出ているのですが、彼らはこんなに「顔が似ていた」でしょうか。ぼくもこの界隈は疎く(エグザイルピラミッドの存在も知りませんでした)名前もほとんどわからないのですが、安売り紳士服の広告のおか…

年間

ある年の年間ベストをひも解いています。DJ/クリエイターが選ぶその年のベスト・ディスクに最も名前が挙がっていたのが、ロニ・サイズだったのでした(これで何年かわかりますね)。「シェア・ザ・フォール」を初めて聴いた時というのはすごく覚えていまして、…

ザビエル

「シャワー上がりに、鏡に向かうと頭皮がスケスケに見えてしまうんです。特に、頭頂は激しく、フランシスコ・ザビエルのようになってしまいました」 ...というほどではないにせよ、自分も薄毛が進行しているような気がしています。30代半ばなのである程度…

TABF2

去年のアートブックフェアもとても思い出深いです。ZINEに参加してもらった友達の写真集も一緒に並べていたところ、彼のファンなのか外国のお客さんがたくさん来て、ものすごく無理のある英語で応対したりしました。なかにひとり、後日郵送してくれ、という…

TABF

金曜日からTOKYO ART BOOK FAIRが始まりましたね。anoutaで作っているZINEは今回イベントに間に合わず出展していません。なので今回はお客さんとして...と言いたいところなのですが、ちょっといろいろ用事がありそれすら叶いそうにありません。 100以上ブ…

不穏

仕事で嫌なことがありました。怒られたとか怒ったとかではありません。むしろ自分の果たす責務から見れば、極めて穏当な一日だったと思います。自分と関係のない話で、自分が勝手に嫌な気持ちになったのです。 自分の横の部署で制作に携わっているメンバーの…

不安

ボサノヴァ教室の先生から「発表会の日程が決まりました。○月×日です」と言われて「!!?」とオーバーリアクションしてしまいました。近いとかそういう話でなく、発表会なるものがあることすら知らなかったのです。大体いまのスキルで何を人前で演奏しろと…

不向き

こうやって日記を毎日書いていてとにかく思うのは「不向き」ということです。ほんとうはもっと千切れたものが書きたいのに、どうしても論評気どりのもの、転・結!なもののほうへと行ってしまう。だからといって「引用の織物」みたいなのが書けるわけでもな…

SILK

映画を観ながらギターの練習をしよう...と思っていたのに何故かSILK LABOの作品を借りてしまいました。そういう気持ちだったわけでもないのですが。しかし見だすとすごくギターの演奏に身が入るのでびっくりしてしまいました。これは恐らく、そこに映る美男…

日曜

音楽家の友達が、ものすごいビッグネームに混じってクレジットされているのを見て腰を抜かすほど驚きました。ずっと信念を持ち続けた、いちばんの努力家の友達です。大活躍してほしい。 身辺に色々な出来事が起こっています。明日のこと、年末のこと、20年、…

めずらしくハヤカワ文庫なんか読んでいます(ハーラン・エリスンの新しく出たやつ)。会社の行き帰りで2時間くらいあるので、ぼくの読書時間はほぼその間なのですが、今日はあまりに本に入り込んでしまって、電車を降りてからもしばらく不思議な気分でした。…

アーチ

アーチに行こうかと思っていたのですが、疲れて行けませんでした。きっと素晴らしいパーティーだったでしょうね。 家に帰って、借りた「翔んだカップル」を観ていました。こういう映画の感想ってきっと「胸がキュンキュンする」とかなんでしょうが、どうだろ…

K

そういえばきのう書き忘れましたが、K-Popの新譜については、ぼくは毎年電流に撃たれっぱなしなのでした。沖縄のラッパーの友達が、mixiで少女時代の「Gee」を紹介していたのを聴いたのが最初だったと思います。彼女たちが日本語で歌いだすはるか前の話です…

電流

今日は新しく作るZINEの打ち合わせをしていました。考えすぎない、作りこまない...と今回はとにかく言い聞かせているのですが、こんな入念に打ち合わせをしている時点で、それは無理なのかもと思いました。まあ自分たちにできることをやるしかないです。 最…

チキンその後

チキンの方から更にメールが来ました。「近いですね」を「チキンですね」と間違えて打ってしまいました。ごめんなさい!...とのことでした。ちょっとあり得ない誤植のような気もしましたが、近く会うことになりました。どうなるんでしょうか。若山

チキン

昨日「RADIO SAKAMOTO」を久しぶりに聞きました。坂本龍一は「商業主義に毒されたスポーツイベントってのは、ほんとに気色悪い」と、(バルセロナの閉会式のことは置いといて)ごくまっとうなことを言っていましたが、開催期間中にラジオやTVはおろか、TLです…

今日は友人に鍼灸の治療を受けてもらっていました。治療といっても本格的なものではありません。彼の鍼灸実技の実験台になった感じで、手の甲と背中の何か所かに数回、針と灸をうってもらいました。ぼくは右手の腱鞘炎がかなり慢性的なものとなっていて(ガッ…

風景

学校で働いている、まるで弟のような(と勝手に思っている)友人が先月北海道に旅行に行っていたそうで、いろいろな写真をSNSにアップしていました。彼とぼくは似ていないのですが、ちょっとした視点で急に一致するところがあります(故に弟のようなのです)。彼…

可能性

目白駅から山手線に乗るとき、いつも目にとまりモヤモヤしてしまう広告があります。なんてことはありません、どこの自販機にも貼ってある、笑福亭鶴瓶が起用された麦茶の広告です。そこにはやや低年齢向けにコミカライズされた笑福亭と共に、「ミネラルゴク…

ひとつ

今日は会社で広告代理店の方の講演会がありました。現在の広告にまつわる話なのですから当然暗いトーンで始まり、他社がいかなるユニークな企画・アイデアで難局を乗り切ろう(としている)かという事例で話は終わりました。その「ユニーク」のなかに自分の…

この半年間のできごとについて

デヴィッド・ボウイの死の1日前、ぼくは新潟にいました。そちらの友達やイベントに来ていたアーティストの先輩と名物の「ノッペ」なんかをつまみながら、新作の新しさが「老い」を担保に成り立っている...なんてことをしゃべっていたと思います。1日で「最…